妊娠中も気を付けて

注意したいこと

カウンセリング

糖尿病を診療する医療施設は小岩でも10件以上あります。
アクセスが良く、小岩の各地から通院が可能です。
糖尿病の恐れやすでに発症している人でも安心して治療が受けられます。
糖尿病は妊婦にも関係しています。
妊娠前から罹患している場合と、妊娠によって罹患してしまうものがあります。
妊娠によるものは妊娠糖尿病と呼ばれ、妊娠によってぶどう糖の代謝異常を起こしてしまう病気です。
妊娠してホルモンの分泌される部位が変化したり、ブドウ糖を多く必要とする体に変化することでインシュリンの分泌が少なくなり起こります。
健康な妊婦とは違い経過をみながら血糖コントロールを行って、安全に出産できるように小岩の医療施設で治療を受ける必要があります。
家族に糖尿病の人がいる場合や尿の検査で糖の値が高い人は注意しながら妊娠の経過をみます。
妊婦が気を付ける事は、治療を怠らないという事です。
長期の治療になることが多く、通いやすい小岩の病院を利用すると便利です。
生活の中では糖の過剰摂取に気をつける事です。
空腹になった時にも血糖が急激に上昇する食事には気を付けます。
病院で指導されている食事内容には十分気を付けて、安定した妊娠期間が過ごせることがポイントになります。
また適度な運動も大切です。
激しい運動は避けるべきですが、ウォーキングなどの軽いものを取り入れると気分転換にもなります。
出産を助ける事にもつながるので、体調に合わせて取り入れると良いです。
いずれも自分の独断で行わずに必ず主治医と相談して、その時の体に良い方法を取り入れていくことが大切です。

体調に合わせた治療を選択

ドクター

糖尿病は、一定のレベルになると食事の改善だけでは治療が難しくなります。
医師が必要と判断した場合、食事療法と合わせて行われるのが薬での治療です。
糖尿病の治療で使用されている薬には何タイプかあり、作用のメカニズムに違いが現れます。
医師は、その方の検査数値や体調などを見ながら、ベストな薬を処方します。
血糖値が増えてしまう原因の1つが、インシュリンの不足です。
糖尿病の方は、このようなインシュリンの減少を何らかの形で食い止める必要が出てきます。
膵臓に働きかけてインシュリンを増やす、あるいはインシュリンの分解を抑えるといった方法で、問題を改善するのが、昨今使用されている糖尿病の治療薬です。
こういった薬は、その性質に伴う副作用が発生する恐れがあります。
血糖値が低下しすぎてしまう低血糖は、糖尿病の薬治療で多く起こる副作用の1つです。
尿中に糖を排出する薬に関しては、トイレの回数が増えるなどの副作用が指摘されています。
身近なところに信頼出来る病院を見つけておけば、例えばこのような副作用が現れてもすぐにドクターの対応が受けられます。
小岩には糖尿病の専門外来を設ける病院もあり、生活から食事まで治療に関する相談を受け付けます。
最近は予約制を取る外来が小岩にも増えており、診療時間も混雑時を除いてほぼ時間通りです。
小岩の駅近くにも病院が見られますので、小岩エリアを頻繁に利用している方は利用を考えてみることが出来ます。

生活習慣が原因だからこそ

病院内

糖尿病は、近年患者数を増やしている病気の一つです。
血糖値をコントロールできなくなってしまい、体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。
治療や生活習慣の改善を行わないまま放っておくと、生命にかかわるような事態を引き起こしてしまうこともあります。
では、注意が必要な年代とは、具体的にどれぐらいなのでしょうか。
糖尿病には「1型」と呼ばれるものと「2型」と呼ばれているものがあります。
このうち、患者数が大幅に増えているのが「2型」です。
この場合、毎日の生活習慣が糖尿病の原因となっていることが多く、年代で言えば40代から50代の発症数が多くなっています。
中年期に入り、体のリズムの変化を実感しないまま、若い頃のような無理をしていると、発症リスクも高まってしまいます。
とはいえ近年の患者傾向を見ていると、注意が必要なのは40代から50代のみとは限りません。
妊娠をきっかけに糖尿病を患う若い女性も、決して少なくありません。
妊娠中の糖尿病は、赤ちゃんにも母体にも悪影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。
また小岩の学校では、糖尿病のリスクを指摘される小学生も増えてきています。
年代にすると、10歳前後に多く、早めのケアが必要となります。
野菜中心の食生活を整えて、適度な運動習慣を取り入れることで、将来の健康を手に入れることも可能になります。
小岩周辺に住んでいる場合には、小岩の糖尿病専門クリニックを頼ると良いでしょう。
小岩での普段の生活の中で通院することができ、年代に合わせた治療方法を提案してもらえます。