食後の血糖値が下がる理由

発症する前に医師へ相談

医者

平日以外にもやっている病院が小岩にはありますので、小岩エリアで糖尿病の治療を受ける場合は、土曜診療に対応する病院に通うと便利です。
また、糖尿病はこれといった自覚症状が殆どありませんが、それは、糖尿病が肝臓と深くつながっていることにも関係しています。
先ず、食事後は摂取した栄養により、体内では血糖値が上昇します。
健康な人なら血糖値はやがて下がり、元の状態に戻りますが、これは膵臓のベータ細胞からインスリンが放出されるためです。
インスリンの量が血中で増えますと、肝臓では余分の糖をグリコーゲンとして取り組み、血糖値を低下させます。
これが血糖値を調節する仕組みの1つですが、高カロリーの食事が続くなど、肝臓の貯蔵量が限界を迎えますと、それ以上血中の糖を取り込めなくなるのです。
そして糖を取り込み過ぎた肝臓は、脂肪肝を患うようになります。
ところが、肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれるほど痛感神経を持ちませんから、痛みなどの自覚症状が感じられない訳です。
肝臓での血糖値コントロールが上手くいかなくなり、血糖値が高い状態でありますと、膵臓はそれを下げるため、さらにインスリンを分泌します。
そのことで膵臓も疲れてインスリンの分泌が鈍り、もしくはインスリンの効力が下がり、糖尿病を発症するのです。
ですから、肝臓と膵臓で血糖値の調整が保たれている間に、小岩の病院で指導を受け、糖尿病を未然に防ぐのが大切になります。
糖尿病は1度発症したら生涯付き合う疾患とも言われているため、病気になってから通院するのではなく、発症する前に小岩の病院で相談することが肝心です。

遺伝する病

困る人

生活習慣が原因でなる2型糖尿病には遺伝によりなりやすい人がいます。
先天的になる1型糖尿病も親から受け継いだ遺伝子が要因とされていますが、環境でなる2型もその可能性が指摘されています。
例えば両親が環境型の糖尿病になっている場合の子どもの発症率はとても高いです。
これは親と同じ生活をしてきたからとも言えますが、子どもに遺伝しやすいということは間違いありません。
糖尿病を患っている親がいたら、自分も小岩の糖尿病外来で受診しておきましょう。
早めの発見をすることで完治する可能性が高くなります。
小岩で定期検診を受けられる外来もあるので、親が通っているのであれば自分も検査しておきましょう。
なりやすい体質というものもあります。
食生活で肉や揚げ物、炭水化物類を多く食べる人がそうです。
野菜および海藻類が苦手であまり食べない、ジュースやお菓子をよく食べる人もなりやすいです。
お酒が飲むのが好きで毎日つまみとともに晩酌する人も注意が必要です。
小岩の糖尿病外来ではこういった食生活をしている人に正しい食生活も指導してくれます。
運動不足の人には運動のサポートをするなど、糖尿病を克服できるように生活面の指導が入ります。
ストレスが多い人も、なりやすい人です。
ストレスが原因で過食なども招きます。
ストレスをうまく解消する方法を考えることもは大切です。
小岩の専門外来で食生活とともにストレス解消、運動不足解消を一緒に考えてくれるスタッフに相談できます。

初期であれば治る

ハート

糖尿病になると、のどが渇きやすくなります。
身体が脱水症状であると脳が勝手に判断するからです。
水を飲むことで血糖値を下げるように脳が命令するようになり、のどの渇きを覚えるようになります。
その命令に従い水分を欲していると尿が頻繁に出たりします。
出た尿は泡が立ちやすいです。
これはタンパク質が尿に多いからです。
食事をとったときにはダルさを感じます。
インスリンが不足して、必要なブドウ糖を筋肉が取り込めないからです。
強烈に眠いとも感じるようになります。
さらに、食事をとってもブドウ糖が吸収されづらいのでカロリーが不足している状態になり、空腹を満たすことができません。
これらの症状があればすぐに小岩の糖尿病外来を受診しましょう。
糖尿病には1型と2型があり、1型は先天的になるタイプです。
2型が後天的になるタイプであり、食事などの生活習慣によりなります。
初期で小岩の糖尿病外来を受診すれば、2型の糖尿病は治りやすいです。
症状が進行すれば進行するほど、インスリン注射が欠かせなくなり様々な症状に悩まされるようになります。
初期症状が出たら自分でなんとかできると踏まず、受診しましょう。
小岩に糖尿病の専門外来があるのは、糖尿病がそれだけ深刻な死亡リスクをはらんでいるからです。
合併症を引き起こしたりすると、手足の感覚がマヒしてきてたり、胃腸に障害をもたらします。
視力が弱まり最悪、失明することもあります。
腎臓が損傷することで、尿を作ることができなくなると人工透析を受けなければならなくなります。
そうなる前に小岩の専門外来で予防治療を行うことが大切です。